ダイビングを通じてみんなの夢を叶える場所!ダイビングスクールKANAUです。

TEL:079-441-9556営業時間:平日14:00~21:00 土日祝12:00~21:00
定休日:火曜日 ※臨時休業は随時お知らせ

スペシャルティコース一覧

ボート・ダイバー
\16,200-
ダイビングのエントリー方法には「ビーチエントリー」と「ボートエントリー」がありますが、リゾート地では多くのダイビングスポットがボートエントリーとなります。 ひと口にボートといっても、和船やクルーザー、ゴムボートなど、タイプはさまざま。どんな状況でも慌てずにボートダイビングが楽しめるよう、ボートからのエントリー&エキジット法や器材のまとめ方、船酔いの防止法などをこのコースで学んでおきましょう。 ボートでの移動時間が長いツアーでも、安心して参加することができるようになるはずです。
ドライスーツ・ダイバー
\16,200-
体を濡らさず快適なダイビングが楽しめるドライスーツ。 タンクの空気を中圧ホースでスーツ内部に取り入れ、空気の層で保温するため保温効果は抜群。秋から春にかけ日本の海を潜る必需品として、多くのダイバーに愛用されています。 また最近では、インナーを替えることで、シーズンを問わずに一年の大半をドライスーツで楽しむというダイバーも増えています。 このコースでは、ドライスーツの着脱方法から、給排気バルブの操作方法、適切な浮力コントロール、メンテナンス方法までを習います。
ディープ・ダイバー
\32,400-
ダイバーにとって「深く潜ること=ダイビングスキルの優劣」というわけではありませんが、ダイビングスポットによっては水深18m以深に見どころがあるところも多く、まるでお花畑のようなソフトコーラルの群生や、太陽の光の届かない"グランブルー"の世界、沈船、ケーブ(洞窟)など、ダイバーの好奇心を刺激する光景が広がっています。 このコースでは、深く潜ることで増えるリスクをきちんと認識し、潜水計画の立て方をはじめ、より安全にディープ・ダイビングを楽しむための方法を学びます。 未知なる海の世界を探検しにいきましょう!
ピーク・パフォーマンス・ボイヤンシー(中性浮力)
\16,200-
水中で浮きも沈みもしない「中性浮力」の状態をとることは、快適に水中を移動するうえでも、サンゴの群生などの水中環境を傷つけないようにするためにも大切なこと。 中性浮力をとるためのテクニックはオープン・ウォーター・ダイバー・コースでも学びますが、このコースでは、タンクやスーツの種類ごとにウエイト量を調節する知識から、BCDや呼吸による浮力コントロールのコツまで、より詳しくマスターし、水中で思い通りにピタッと静止することができるようになります。 これができれば、ドロップオフもなんのその。空気や体力の節約にもつながり、いいこと尽くしです。
水中ナビゲーター
\21,600-
水中で正確なナビゲーションができれば、目的地まで最短のコースで楽に移動できるだけでなく、万が一水中で自分のいる位置がわからなくなってしまった場合でも、あせらずに落ち着いた行動がとれます。 オープン・ウォーター・ダイバー・コースでは直線パターンでのコンパスを使った移動を学びますが、このコースでは三角形や四角形などの移動パターンも経験し、自然の目標物を確認しながら移動するナチュラル・ナビゲーションや、「スクーバセクスタント(六分儀)」を使いこなすテクニック(オプション)なども学びます 。 これにより、水中をより自由に楽しむことができるようになり、ダイビングのバリエーションは無限に広がっていきます。
エンリッチド・エア・
ダイバー
\32,400-
エンリッチド・エアは、減圧の許容範囲を広げることのできる最新技術です。エンリッチド・エアで、エンリッチド・エア用のダイビング・コンピューターを使用し、マルチレベル・ダイビングをした場合には、空気でのダイビングに比べて時間的に余裕を持つことができます。 特に、水深が15~30mのダイビングに向いているでしょう。じっくりと水中生物を観察したり、水中写真を撮りたいダイバーにはうってつけのコースです。 また、エンリッチド・エア用のダイブテーブルの使用方法なども身につきますので、減圧理論に興味のあるダイバーにもオススメです。 エンリッチド・エアはダイビングの手段の1つです。 エンリッチド・エア・ダイバー・コースを受講することによって、エンリッチド・エアがどのような時に役に立つかという判断ができるようになることでしょう。
ナイト・ダイバー
\21,600-
同じ場所に潜っても、昼と夜では海の表情はまったく異なります。 魚たちのユニークな寝姿や、昼間は岩陰に隠れているエビやカニなどの夜行性の生物、ときには幻想的なサンゴの産卵シーンが観察できるなど、見どころは非常に豊富。海の神秘に触れ、ワクワクするようなダイビングを楽しむことができるでしょう。 このコースでは、夜の海に安全に潜る知識から、目的地までたどりつくコンパスナビゲーション、合図や水中ライトをより効果的に使う方法などを習得します。 夜の海のイメージが一変すること間違いなしです。
ドリフト・ダイバー
\16,200-
ドリフト・ダイビングとは、潮の流れに乗って移動するダイビングのこと。 世界には、チャネルやパスなど潮の流れの速い場所がダイビングスポットになっているところも多く、そこでのドリフト・ダイビングは流れに乗ってラクに移動できるうえ、大型回遊魚の群れなどとの遭遇のチャンスもあり、とてもエキサイティングです。 ただし、油断をしていると事故につながる可能性もあるので、このコースでドリフト・ダイビングの注意点やエントリー&エキジット方法、セーフティグッズの使い方などをしっかりマスターしておきましょう。 ph01
器材
\16,200-
水中で呼吸するためのレギュレーターや、安全を管理するダイブコンピューターなど、ダイビングは器材への依存度が高いレジャーです。それゆえ、器材は慎重に選んで購入し、その後はベストな状態で使いたいもの。 このコースは、まったくの初心者ダイバーから、買い替えを考えているダイバー、さらには器材のメンテナンス法を知りたい、もっと使いやすくしたい、長持ちさせたいと考えているダイバーまで、幅広いダイバーのニーズに応えます。 器材に対する不安をなくし、ストレスなくダイビングを楽しみましょう。
サーチ&リカバリー
\32,400-
海底に眠る金銀財宝を見つけられたら…。そんなロマン溢れる夢をかなえる手段となるのが、サーチ(捜索)&リカバリー(回収)のテクニック。 宝物発見を想定して、発見場所の記憶方法から、再度その地点に戻るナビゲーション、引揚げ作業の方法、手順などを学びます。もちろん、水中に落としてしまったダイバーズナイフや時計などを探すとき、海底に沈んだゴミを回収するときなど、現実的なシーンでも活躍するテクニックです。 いつの日か海の中で大発見する日を夢見て、身につけておくのもいいのでは?
ドリフト・アイス
\32,400-
PADIの標準SPである「アイス・ダイバーSP」コースは、凍った池や湖でも実施可能なアイス・ダイビングのコースですが、こちらは流氷に限った特別なコースです。
エンジョイ・ウィズ・
ドルフィン
\10,800-
野生イルカについての基礎的な知識を持っていただき、水面や水中での正しい接し方を学び、イルカの観察を通じて環境保全への認識も高め、今まで以上にイルカに興味を持って楽しめるようになります。
エンジョイ・ダイビング・
ウィズ・スラッグ
\10,800-
FUN DIVEで魚や甲殻類と並び、目にすることの多いウミウシの生態等の知識を知ることにより、今まで以上に興味を持って海中世界をバディ同士で楽しめるようになります。
シュリンプ&クラブ・
ダイバー
\10,800-
エビやカニ達の生活をかいま見ることにより、さまざまな環境下において、さまざま環境下にいて、安全で楽しいダイブができるための知識や技術を習得します。
ハゼ
\10,800-
ハゼの生態の知識を習得してハゼと仲良くなりましょう!
シーフラグメンツ・
コレクション
\10,800-
ビーチや水中で見つけた漂流物などを使って置き物など、色んなものを作る楽しいコース。
シーフラグメンツ・
コレクション
\10,800-
ビーチや水中で見つけた漂流物などを使って置き物など、色んなものを作る楽しいコース。
デジタル・
アンダーウォーター・
フォトグラファー
\16,200-
今や陸上でも水中でも広く普及しているデジタルカメラ。このコースに参加することで、撮影環境に応じた設定に素早く調整できるようになり、構図にもこだわった写真が撮れるようになります。 最初のダイビングでは、デジカメの準備をし、色調整をして撮影するコツをマスター(ダイブ1はプールで行なってもOKです)。これでレベル1の認定が受けられます。2本目のダイビングでは、さらに魅力的な写真の撮影方法に加え、パソコンへの取り込み方法や編集ソフトを利用した簡単な加工方法も。 ワンランク上のデジカメ撮影を目指したい人におすすめのコースです。
水中フォトグラファー
\16,200-
ダイビング中に目にした美しい水中シーンを記録として残すなら、水中写真がおすすめ。自分の体験した世界を、多くの人に写真を通して伝えることができます。 また、水中で観察した魚を写真に撮っておけば、そのときは名前がわからなくても、ログ付けの際に写真を見直して確認することができます。 最近はデジタルカメラの普及により、誰でも簡単に撮影できるようになりましたが、きれいに写すにはやはりテクニックが必要。撮影技術の基礎から応用まで、このコースでしっかり学んで、周りに差をつけてしまいましょう。
水中ビデオグラファー
\16,200-
水中ビデオであれば、ダイビング中に目にした世界を映像で記録することが可能。動きだけでなく、ダイバーの呼吸音や、魚たちがエサを食べる音、イルカの声なども記録でき、臨場感あふれる映像を楽しむことができます。 最近では小型のビデオカメラが普及しており、水中での持ち運びもラク。 このコースでは、ビデオカメラの使い方から、ハウジングへのセッティングの仕方、証明の使い方、画面がブレない撮影の仕方、映像の編集方法まで学べるので、今までビデオカメラに一度も触ったことがないという人でも大丈夫です。
スキン・ダイバー
\16,200-
PADIでは、ダイビングのプログラムだけではなく、より手軽に海の世界を楽しむためのスノーケリング・プログラムも用意しています。 例えば、「イルカと一緒に泳ぎたい!」という人には、PADIスキン・ダイバー・コースがおすすめ。このコースでは、安全にスキンダイビングを楽しむために必要な知識・スキルを身につけることができます。水中に潜るための「ジャックナイフ」(ヘッドファースト潜降)などのスキルを身につければ、イルカとの距離がぐっと近くなり、より一層楽しめること間違いなし! コースを修了し、認定されると、スキン・ダイバーのCカードが発行されます。

日々のカナウ日記はこちら。
ダイビングツアー報告はコチラ!


Cafe kanau

店内横にはカフェスペースを設けております。 ダイビング後や講習中においしいコーヒーはいかがですか?

現在は不定期(主に週末)に営業中。営業日、時間はブログにてチェック!

↑ PAGE TOP